• angkorworld7.co.jp
  • info@angkorworld7.com 
  • +855(0)92 48 41 48
  • アンコール・ワット アンコール・ワット
  • プリアヴィヒア プリアヴィヒア
  • バイヨン バイヨン
  • トンレサップ湖 トンレサップ湖
  • プノンバケン山 プノンバケン山
  • コスサンサー コスサンサー
  • バンテアイ・スレイ バンテアイ・スレイ
  • プノンペン プノンペン
  • トンレサップ湖 トンレサップ湖

ベンメリア遺跡

年代 12世紀前半 宗教 ヒンズー教「ビシュヌ神」
王の名前 スールヤバルマン2世 入場料 ベンメリアパース
必見度     入場時間 早朝7:00-17:00
 
「日本の天空の城ラピュタのモデルになった寺院」

シュムリアップ町から東へ約74キロのクレーンのジャンクルに埋もれた巨大寺院です。 
ベンメリアは11世紀の終わり頃から、12世紀の初めにかけて建設が始まったと考えています。 
アンコールワットと同じ王様スルヤバルマン2世やその前の王様等、何人かの王様によって作ったと言われていましたが、はっきりしたことが分かっていません。周囲約4.2キロメートル、お堀の幅、45 メートルあるそうです。そうして、ベンメリアの意味ですが、「蓮の池」と言う意味だそうです。日本人によって天空の城ラピュタのモデルになった遺跡と呼ばれています。 
中の参道はバプオンとチャウサイテボダにもあります。中央塔は約20 メートルあったそうですが崩れてしまって10 メートルの高さになりました。雨季になると石の色はすべて緑色に変わります。
アジアの良い所を楽しくご案内したので、いらっしゃる際に是非にご連絡ください。